2016年11月16日水曜日

ドット絵における三要素

スケッチや、解像度無限大の絵と違って、ドット絵は制約が多いです。
ベタ塗りしかできないし、四角いし。

そんなドット絵の世界にスケッチやjpg屋さんと違うスキルが求められているのは当然なわけで。
でもコツってあると思うんです。

そこでTakamaroがオススメするドット絵のスキル要素を3つほど

①アンチエイリアス
言わずもがな、ぼかしの技術は必須かと。
セルの角が非常に目立つ場面が多いので、これがないと四角い絵しか描けなくなります。
でもかけすぎると、見栄えが崩れていきがちです。

うまいこと中間を取るのが非常にムズカシイし、人によって基準もまちまちです。
逆にこれをしないでうまく特徴出してる作者さんも多数いらっしゅるのですが、
基本的には使えるものだと思ってます。

②エッジの強調
アンチエイリアスの対極を行く技術です。角を立てることで陰影やコントラストを上げて
絵にメリハリをもたせることができます。
でもかけすぎると形がわからなくなったり、気持ち悪いくらいカクカクに。

アンチエイリアスかけながらこれもかけるとって矛盾しているようですが、
ようは使い分けだと思ってます。

③正規化
デフォルメとも。ようはセルの形に「うまく色が収まる」ように変形させる作業です。
こればっかりはコンピュータで処理できないと言っても過言ではない。
きちんと解説をまだしていませんが、イメージとしては
これ(100x100px)を12x12pxに圧縮してくださいと言われたときに、
こう描けるかという問題です。(画像小さくてすみません)
この問についても解説書きたいなと思ってますので、
気長にお待ち下さいませ。

以上、3つ紹介させていただきましたがいかがでしょうか?
私が考えている3要素なので、もしかすると先達の皆さんには「ちげえよ」とか言われそうで(汗)
でも基本は抑えているつもりです。

私も技術を磨いている最中なので、また変わるかもしれませんが、
今はこれでブログ進めていきたいと思ってます。

0 件のコメント:

コメントを投稿