2016年7月1日金曜日

65536色におけるグラデーション

そもそもフルカラーが使える時点で、ありがたいと思わなければおかしいのです。
というのは、シムトランスでの「減色」のお話。

シムトランスでは、pakファイルに用いる画像は、24bitのpng画像と決められています。
これは皆さんご存知だと思いますが、そもそも24bitのpngって何って話から。

実は24という数字、8+8+8ビットの足し算なんです。
赤8bit、緑8bit、青8bit、それぞれが0~255の強さの値を取れることを意味します。
これをフルカラーと呼び、約167万色を表現することができます。

人間の目が認識できる色数は10万色と言われているので、167万色あれば十分というわけです。

では、pakファイルは何色ですか?と言われると、これ実は16bitカラーでの表現になっているのです。
つまりは65536色、人間の識別できる色よりも少ないですね。
実はコンパイルするとき、内部で減色の処理が行われています。

ですから、減色を加味したpngを作らないと、特に大きなグラデーション面では大きな影響が出てしまいます。微妙な色合いや、弱いコントラストの画像はベタ塗りの原因となる場面が多いので気をつけましょう。

ではどう対策するのか。

対策は比較的簡単です。
・グラデーションを作るとき、グラデーションの両端になる色の差をきちんと考えましょう。
 明度差で約10%は確保したいものです。
・絶妙な色合いはフルカラーだと美しく映りますが、できるだけコントラストや彩度をあげ、
 有効な色となるように調節しましょう。彩度は20%以上が目安になります。
・色相を変えられるようなら、彩度をいじるよりも有効な場面があります。
 特にマジョーラを再現するときなど、これも頭の片隅に入れておくと吉です。
・色を替えるのが面倒にならないよう、インデックスカラーのpngを使うのも有効です。
 EDGE2ではこれを簡単に取り扱えますので、導入をおすすめします。

こんなところでしょうか。
また要望があれば詳しく触れたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿