2014年10月30日木曜日

建物アドオンに見る色づくりの難しさ

唐突ですが、私が旧HN時代に描いた建物はかなり酷い出来でした。
何が酷いかといいますと、風景に大きく浮く。
何が原因なんだろうか?どうすればうまく描けるんだろうか?そんな事を悩み続けて
今も悩んでいます。

そこで今日は色々なアドオンを通して、色について考えたいと思います。

アドオンを作っていてやはり衝撃を受けたのはpak.nipponの存在です。


全体に専用に作られたというのもありますし、waさんが作ったというのもありますが、何よりもpak128ばりに美しい風景というのが挙げられます。

のちのち紹介しようと考えている「建物編」でも取り上げますが、3Dモデリングソフトを用いた
建築物の作成は2Dで描くのとはまた違う難易度や次元のものと考えています。

そしてpak.nipponが美しく見える最大の理由は「統一感」と考えています。

多種多様な作者が入り乱れる公式pak64では、かなり混沌とした光景が広がることがよくありますよね。
例えばこんな感じ。


多くの作者がルールなく色を使うことで、それぞれは美しくても、配置した時にそれぞれを殺しあう、
そんな光景がsimutransでは日常茶飯事な気がします。

できれば全てのアドオンを一人の作者が作れれば、それこそ理想的な町並みが作れると思うのですが、
さすがにそれは厳しいというもの。
時間の流れにそって建物が、風景が移りゆくさままで表現となると絶対に不可能です。

統一感のある風景というのは誰にでも美しく見えるものです。
pak.nipponはそれを証明して見せてくれました。
まだ開発途上ですが、建物がひと通り揃っているので、風景の美しさは素晴らしい物がありますね。

ではその統一感の源は何なんでしょう?
大きさ、アンチエイリアスの強さ、さまざまな要因が考えられますが、個人的に考える最大の要因
それは「色」だと思っています。

simutransには様々な色使いのアドオンが乱立しています。
それこそ、十人十色の色使いで、列車でも混結しようものなら完全にベツモノに見える不格好な
組み合わせも公式バニラに存在します。

違和感の少ない風景づくりへの入り口として、私が注目したいのは色の中でも彩度の取り扱い方です。
彩度をやや小さめにとること、これが美しい街並みを生み出すコツではないかと睨んでいます。

上の2枚のスクリーンショットを比べるとpak64では原色に近い色が多く存在します。
火力発電所、樹木、工業建築.....ありとあらゆるところで主張している色、これがもしこんな感じだったら
どうでしょうか。


pak.nipponのようには行かないにしろ、少し統一感が出ました。
上の画像は原色を殺すため、コントラストを下げ、彩度を下げた画像です。
木が枯れ木っぽくなってしまったところもありますが、全体に統一感が出たように感じます。

私が提案したいのはこんな統一感のある風景です。

そのためには、
・彩度の高い色(=原色に近い色)を使わない
・彩度の高い色を使いたい場合は可能な限り明度を下げる
ことが重要な気がします。

今後紹介するアドオンの作成法紹介ではこんな観点も盛り込んでいこうかなと考えている
今日このごろです。

0 件のコメント:

コメントを投稿