2014年4月13日日曜日

流線形の鉄道を描く~その4~

宿題は終わりましたでしょうか?
ちなみにスカートを仕上げてこんなイメージになりました。




ちなみに同じ手法を使っていますので、
途中で色を戻したり、番号の強弱は同じだったりします。

さて、続きをやっていきましょう。

今回は灯火類、窓、帯などを描き込んでいき、全体にアンチエイリアスをかけていきます。

レイヤーが使えるエディタを使っている方はそちらを活用していただけるよう、
途中までは読んでいただける内容にしていきたいと思っております。

まずは帯類(塗装)から。その後アンチエイリアスを一旦かけて、窓を描き込みます。
アンチエイリアス用に、パレットの色を増やしておきましょう。
間に2行を入れて以下の様なパレットになれば準備完了です。
スカートの色が変わってしまった場合には、スカートの部分を選択して、[イメージ]→[効果]→[色番号をずらす](32個)で対応してください。
レイヤードの方はたぶん影響ないかと。




特にこの辺りを解説しなくても鉄道を描く回で対応しているのであっさりと。
まずは帯を描いていきます。


気になるところをアンチエイリアスしておしまいとします。
必ず1倍の画像も見ながら編集してくださいね。かなりイメージと違ったりしますので。

続いて灯火類ですが、ここは別レイヤーに描くのがいいでしょう。
別レイヤーに描いて、下のレイヤーと結合します。





続いて側窓も同じように別レイヤーで描いて結合しましょう。



ドア表現については128jpの場合、ただ扉を暗くするだけでは少し味気ないので、
少し明るい面を付加してあげましょう。
南上方から光が当たっているイメージになるので、ドア右側と下側を明るく塗ります。

続いて前面窓です。ここからはレイヤードの方とやり方が変わります。
レイヤードの方は、窓を非発光色で描いた後、乗算レイヤーに設定してください。
これでおしまいです。
EDGE2を使用している方は少し面倒なことをやります。
まずは前面窓の形に選択します。多角形領域の選択できれいにせ選択できるでしょう。
そして色番号をずらすコマンドを使います。

[イメージ]→[効果]→色番号をずらすを選択してください。
ずらす数は「-16」です。
そうすると選択エリアが一気に濃くなったと思います。
これはパレットで32~47番の色かつ選択範囲の色を-16したパレットの色に変換する機能で、
塗り替え等に効果を発揮します。
後は微調整をします。

まずは窓枠を描いていきましょう。6~8番あたりが良さそうです。
これをアンチエイリアスして完成です。




あとはアンテナやクーラーの換気口を付ければ作品として使える状態になりますが、
そこは本筋と外れるので今回はここまでとします。
最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました。

なお、0系は公開しませんので、
この描き方通りにやればだれでも投稿可能な状態に持っていけるかと思います。
ぜひチャレンジしてみてください。


0 件のコメント:

コメントを投稿