2014年3月20日木曜日

鉄道を描く~その9~

さて、鉄道を描くシリーズ、今回が最終回となります。
全体を仕上げていきましょう。

まずは先頭車から後尾車を作ります。
後尾車は先頭車の向きが逆のバージョンですから以下のようにコピペすればOKです。
コピペは1方向ずつ丁寧に行いましょう。ここでずれてしまっては今までの作業が台無しになってしまいます。
コピペが済んだら、後尾車の前照灯を特殊色から一般色の灰色、後部標識灯を特殊色の赤に変更します。
以上の変更が終わったら画像の緑丸のところにあるパンタグラフのテンプレートを使って
パンタグラフを載せていきます。

このパンタグラフ、使い方にコツがありまして、
Aの線(スリ板、パンタ左手前、屋根の角)が一直線に並び、かつBの穴が背景色になるように置くとちょうど良くなるようにかかれています。鏡方向もしかりです。

この要領で東西南北方向を載せてしまいましょう。

また南東方向は車体の真ん中を合わせて、南西方向はパンタのスリ板の上側の先端が屋根から2ドット浮くように設置します。
こんな感じです。
後は緑丸のところのパンタグラフを消してしまいましょう。

以上で鉄道を描くを終わります。お疲れ様でした。
ファイルはpng形式で保存しておいてください。
(無償版EDGE2をご利用の方はbmpに保存後、Pictbearを利用してpngをExportしてくださいね。)

次回からはdatファイルを描いていきます。

~最終結果~



0 件のコメント:

コメントを投稿