2014年3月31日月曜日

流線形の鉄道を描く~その1~

さて、帰ってまいりました。Takamaroのアドオン作成入門。
今回は二本立てで行きたいと思っています。

1本はこの流線形の鉄道を描く編、
もう1本は建物を描く2D編です。

先立ちまして、流線形の鉄道を描く編を始めたいと思います。
どうぞ最後まで読んでいただければ幸いです。

さて、今回のテンプレダウンロードはこちらから
https://dl.dropboxusercontent.com/u/75037249/128jp_basetrain10.edg

開いてみた方はわかると思いますが、
だいぶでかいと思った方がほとんどでしょう。

それもそのはず、今回のお題は流線形の鉄道を描くinPak128Japan編です。
(他はpak64で行きます)

ちなみに難易度ですが、個人的にはだだ上がりですので、
難しい!と感じた方や、描きにくい!と感じた方はpak64に
易しいと感じた方や、こっちの方が描きやすいと感じた方はこのまま読んでください。

基本的にやる操作は一緒です。
ちなみにPak128Japan初挑戦も一緒です(え。

まずは、色作りから。
今回のお題は新幹線の祖0系を取り上げたいと思いますので
画像を探してきましょう。

という訳で詳しくは前の鉄道を描く編を参考にしていただいて、
写真はさっくりWikipediaから持ってきました。




この画像から一番適切な色を拾っていきます。
今回は2色拾いますので、ボディのアイボリーとスカートと窓まわりのブルーを探します。

アイボリーは向かって左の前照灯と運転席左前面窓の間の明るい色、
ブルーはスカート向かって左の排障器のちょっと左上の暗くなっている辺りが良さそうです。

という訳で取得の結果こんな感じに。


これから色を作成するとこんなイメージになります。
このようにパレット配置すれば後々描きやすいでしょう。
(少なくともアンチエイリアスは描けるので、64~95番は黒のままにしておいてください)
またボディもアイボリーに塗装されます。


今回はここまでで。
次回からは少し慎重に描いていきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿