2014年3月27日木曜日

鉄道を書く~その5~

さあ、ついに大詰めです。
DATファイルとPNGファイルが揃い、コンパイルの準備ができました。

ここで最後のダウンロードをお願いします。
https://dl.dropboxusercontent.com/u/75037249/compile112.3.bat

これはコンパイラを起動するバッチファイルと呼ばれるものです。
テキストエディタで編集できるのですが、迂闊にダブルクリックしてはいけません。

まずは落ち着いて、ダウンロードしたBATファイル(バッチファイル)と
PNGファイル、DATファイル、makeobjを同じディレクトリに置きます。



そしてBATファイルを右クリックして「編集」を選択します。




テキストエディタが起動したと思います。
ここで(ディレクトリ名)をファイルをまとめて置いたディレクトリに変更します。
ここで命令の意味は分からなくてもOKです。

このように変更してください。

そして上書き保存して閉じます。


後は、BATファイルをダブルクリックします。
そうすると下の画面が出てerr.txtが出力されれば、コンパイル成功です。


そしてディレクトリには以下のファイルが生成され、このようになっていればコンパイル成功です。
失敗している場合には原因が表示されるか、err.txtに原因が記録されています。

無事生成されましたでしょうか?
生成された2つのファイルはコピーしてsimutrans\pakに放り込みます。

そしてsimutransを起動し、車庫を作って、架線を設置し、車庫を覗いてみると.....


 このように作った車輌が車庫に表示されます!
実際にやってみてください。自分が丹精込めて作った車輌が車庫に並ぶのは楽しいですよ。

あとは必要なオプションを追加しましょう。
Constraint(連結制限)や、FreightImageなど必要な場面が出てくると思います。

それではここで、鉄道を書く編を終了したいと思います。
どうも最後まで読んでいただきありがとうございました。

質問等があれば、お気軽にコメントしてくださいね。
それでは、またの機会にお会いしましょう。

Takamaro 2014.3.27

0 件のコメント:

コメントを投稿